「ドライブスルー・・・」

 

久しぶりにドライブスルーへ。

いつ以来だ。

明日に北海道の自粛解除の判断となるが、

さてどうでしょうか?

これより東京含め10,000件の無作為の

疫学的な抗体検査を実施すると聞く。

実際の感染経験がどうなっているのか

非常に興味が有るところだ。

近日読んだ雑誌には、

イギリスの大学研究者の発表で

ロックダウンを実施した事による

感染拡大の増加の分析が書かれていた。

 

今秋が予想される感染の波の前に

今までの経過・経験を十分解析し、

準備を卒なくする必要があるだろう。

限られた時間を有効に。

考えの甘さは、スル―!

(スルーつながり、締めれてる?)0

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |
「語録・・・」

 

某日の新聞紙面の文章で。

とある政府高官の数多い放言録の中でも

かなりな部類との注釈が。

ずいぶん以前の放言だそうだが。

 

まず予備知識 )

第二次の戦前ドイツにおいて

世界に誇れるワイマール憲法を

時の悪名高き政権はどさくさに紛れて

自分たちの都合の良い形態に

すり替えてしまった。

 

そのとある高官の放言! )

「あのドイツの手法をまねたらどうだろう?」

新聞では、「放言も際立っているわ!」と。

 

先日専門学校の医療倫理学の講義にて、

医学研究の倫理についてお話した。

その中に1931年にドイツでは

世界にも有数の医学研究での被検者への

倫理をうたったガイドラインを出していたのだが、

数年後その悪名高き政権が

それもなし崩しにして、

戦争終わりまで

倫理観欠如の医学研究(実験)を行い、

戦後世界の医)は同じ過ちを

犯さないための

いくつかの宣言を出した、と。

 

結語 )

影響力有る方の発言は

品格が必要だが

人格の問題となると

もうクエスチョン…

それでも多くの日本人の倫理感は、

世界の評価に値するということは

国の正常さを表している。

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |
「カレンダー完成!・・・」

 

所属の歯科医師会写真部作成の

今年度カレンダーが完成。

通常なら、このあとの定時総会で、

部員外の先生に幅広く、売りつけたい?

ところだったが。

…今年は、残念!

 

 

院 長

 

| 院長室 | 23:59 |
日本歯科医師会からプレスリリース

 

 

| 院長室 | 23:59 |
「初の対面講義・・・」

 

専門学校歯科衛生士科1年生の

医療倫理学講義の4回目。

前回同様、オンライン講義かと思いきや、

学生さん登校始まっていて、

初めての対面授業となる。

まさに「はじめまして!

 

4回目の講義は、

医療技術が進んでさまざまな問題が生ずる中での

新しい倫理観「生命倫理バイオエシックス」について。

 

1883年イギリスのフランシス・ゴルトンによって

「優生学」が提唱され、

その考えを世界中の国が取り入れ、

政策に組み込む。

実例を交えて学生さんに

いつもの早口で説明したが、

どうでしたか?

 

講師の立場としては、

オンラインより勝手にライブ感で、

「熱」がこもっちゃって。

ただし、窓開け換気をしながら、

マスク越しの「熱」で。

どうもお疲れさまでした!

 

 

院 長

 

| 院長室 | 23:59 |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

ホームページはこちら

ますち歯科診療室バナー

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH