<< 「子どもの日だが・・・」 | main | 「あれから・・・」 >>
「感染予防効果を踏まえて・・・」

 

現在、新型コロナウイルス感染症の拡大予防が

最命題とされる中で、当診療室では

患者さんとスタッフの安全のための

既存の標準予防策スタンダードプリコーションの徹底と、

室内換気そして処置前の患者さんへの

口腔内のイソジンうがいをお願いしている。

その上で診療による口腔管理が、

ウイルス感染リスクの軽減に寄与する

可能性を踏まえての責務にあたると捉えている。

 

今回、東京歯科大学名誉教授である

奥田克爾先生の文献

「新型コロナウイルスのパンデミックから

オーラルヘルスを考える」

でのウイルス感染の特性、オーラルヘルスの意義

そして歯科診療における感染対策強化の必要性を拝読し、

改めて認識を再確認した。

この機会に文献内容から引用させて頂き、

是非、紹介したいと思う。

 

はじめに

アメリカ歯科医師会研究所の初代所長や

アメリカ歯科医師会会長を務めた

Weston・Price(1870-1948)は、

100年前のスペインインフルエンザ(H1N1型)の

パンデミック時にアメリカ人とイギリス人260人を

調べた結果を1923年に

『DENTAL・INFECTIONS,Oral・and・Systemic』

で報告している。

それによると、歯科感染症のあった人は、

インフルエンザに罹患した群で

72%に達し重篤者が多かったが、

感染症が無かった人の罹患率は32%だった。

 

ウイルスのタイプ

エンベロープエンベロープは、

ウイルス粒子の外側を覆うタンパク質の殻・層)

を持つインフルエンザウイルスや

コロナウイルスによる感染は、

  • .Εぅ襯垢標的とする細胞のレセプターに吸着
  • ▲Εぅ襯垢鯤颪猖譴筏枌紊気譴榛挧Δ虜挧λ譴鰺珊腓靴匿入
  • ウイルス遺伝子を包む殻を脱ぎ、RNAを宿主細胞内に放り込み
  • ご鸚犬靴榛挧Δ離織鵐僖質合成系やエネルギー系を借用してRNAを複製し、ウイルス粒子を増殖させる。

という流れで進んでいく。

 

 

インフルエンザウイルス感染では

インフルエンザウイルスのHA抗原は、

感染する細胞が出す細胞のタンパク質分解酵素

(プロテアーゼ)に加えて、

咽頭などに感染するブドウ球菌などの

トリプシン様タンパク質分解酵素の作用を受けて、

活性化して気道粘膜上皮細胞に侵入させる。

P. ジンジバリス、T・フォーサイシア、

T・デンティコーラ歯周病原性レッドコンプレックス構成菌

(主要悪玉菌)は、トリプシン様タンパク質分解酵素を

産生することから、HA抗原に作用して細胞侵入に加担する

と考えられる。

 

 

感染した細胞内で増殖した

インフルエンザウイルス粒子は、

粒子表面にあるノイラミニダーゼ活性を持つ

NA抗原(NA突起)を使って増殖して

満杯になった細胞から抜け出して、

次の細胞に侵入・増加して感染を拡大する。

 

季節型インフルエンザウイルスは、

上気道粘膜で増殖する3〜5日の間に高い発熱を起こす。

同時にウイルスを攻撃する特異抗体が作られ、

その獲得免疫によって治癒するが、

糖尿病などの易感染性宿主の患者は、

肺炎を起こし易く、命を奪われる危険性が高い。

 

 進行した口腔感染症による

免疫機能の低下やオーラルフレイル(口腔機能低下)

によって易感染生宿主になると

ウイルス感染リスクが高くなる。

従って歯科医療は、新型コロナウイルス感染リスク低下に

貢献しているといえる。

 

新型インフルエンザについて

2003年末から2006年に東南アジアで

ニワトリからヒトに感染した

A型の高病原性トリインフルエンザH5N1型は、

上気道粘膜だけでなく気管支や肺

さらには肝臓細胞などに瞬く間に入り込んでしまう

強毒なウイルスだった。

H5N1のHA抗原は、furinと命名され、

どの細胞にも入り込むマスターキーと言えた。

H5N1感染によって高い発熱に伴い

免疫反応が異常に高まり、多くの細胞がサイトカインを

放出するサイトカインストームが起きて

多臓器不全などに陥いり、

50%を超える高い死亡率となった。

高病原性トリインフルエンザH5N1

ニワトリ⇒ヒトへの感染だけだったが、

ヒト⇒ヒトに感染するようになれば

瞬く間に世界中に蔓延することも考えられるのである。

 

口腔ケアによるウイルス感染予防

デイケアに通う要介護高齢者に対して、

歯科衛生士が口腔清掃を中心とした

オーラルケアを実施するとインフルエンザ罹患率が

低い事が報告されている。

口腔感染症のある患者や口腔清掃が不足する高齢者などの

口腔細菌数は、数千億個にもなる。

それら細菌が産生するタンパク質分解酵素

ノイラミニダーゼは、上気道粘膜を覆っている

唾液の糖タンパクを溶かし、

様々なウイルスのレセプターを露出させて

ウイルスの吸着を許すことになる。

口腔内に慢性感染症がなく、口腔清掃の良い人は、

インフルエンザだけでなく

新型コロナウイルス感染のリスクも

低下すると考えている。

 

歯科医療現場での対策

 医療現場での感染予防対策については、

  • ”現猴祝漂スタンダードプリコーションの遵守
  • 発熱患者へは緊急処置と投薬に限定
  • 処置前の抗菌性洗口液によるガラガラうがい
  • た芭甜爾良冏砲幣弾任抜控
  • グ緡泥好織奪佞糧熱者は現場に立ち入らない

以上の徹底といえる。

 

さいごに

 現在、さまざまな抗新型コロナウイルス薬や

治療薬が開発され、その使用成果や治験が始まっている。

また、世界中で叡智を結集して

感染予防ワクチン開発に取り組んでいるが、

その実用化には時間がかかる。

 歯科医療と口腔ケアは、

新型コロナウイルス感染リスクを低下させると認識して、

厳格な感染予防をしながら取り組まなければならない。

(奥田名誉教授文献より引用)

 

| 院長室 | 23:59 |
スポンサーサイト
| - | 23:59 |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

ホームページはこちら

ますち歯科診療室バナー

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH