<< 「ふるさと会に・・・」 | main | 「困った時の?・・・」 >>
「医科歯科連携講習会・・・」

 

十勝歯科医師会学術部主催の

医科歯科連携講習会に出席した。

会場は、十勝歯科医師会館講堂にて。

 

今回は、数年前より糖尿病と歯周病との研究を

十勝歯科医師会と連携して進める市内の

横山内科クリニックの横山院長を講師に、演題は

「歯周病調査の現況と糖尿病診療の現状」

で進められた。

 

歯周病は、以前より糖尿病により悪化する事は言われているが、

近年では歯周病による炎症状態が、

炎症性サイトカインを惹起しインスリン抵抗性リスクとなり、

糖尿病症状を悪化させることが示唆されており、

その関係性を帯広を含む全国での臨床調査に至った。

 

糖尿病診療では、薬剤の進歩による合併症の重篤化は

以前と比べて少なくなっているとの事。

クリニックではバランスのとれた食事と歯周管理を

患者さんに啓発されているという事だった。

また糖尿病専門医である先生は、

糖尿病の病状のメルクマールとしてHbA1cやCRPのほかに、

アルブミン尿値のチェックをルーチンに行っているという。

質問でも出ていたが、歯科臨床において

糖尿病の患者さんが持参する糖尿病手帳

(持ってこない人もいるが)でのチェックは、

A1cがほとんどであるのだが、

内科医のスタンスの違いもあるようである。

 

昨年より、保健所を中心とした

糖尿病重篤化予防プログラム

の地域での枠組みが始まった。

糖尿病性腎症による人工透析も大きな問題となる。

そこでプログラムでは眼科、歯科との連携が

推進されているのだが、

実際のところは、まだまだである。

また講演でも述べられていたが、

歯周病の全身との関係の文献では、

血管内皮機能障害のリスクが高くなり、

動脈硬化、心筋梗塞の誘因となる。

また口腔内での持続的な炎症状態は、

早産、低体重児出産への影響も言われている。

今後改めて当診療室でも啓発活動を考えたい。

 

 

院 長

 

| 院長室 | 23:59 |
スポンサーサイト
| - | 23:59 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://masuchi-dc.jugem.jp/trackback/3034
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

ホームページはこちら

ますち歯科診療室バナー

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH