<<  「TDPC(十勝歯科医師会写真同好会)総会・・・」 | main | 「M君へのエール!」 >>
「株)松風 総義歯セミナー・・・」

 

歯科材料メーカーの「SHOFU(松風)」主催の

総義歯をテーマとしたセミナーに参加。

講師は、東京医科歯科大学 

地域・福祉口腔機能管理学分野

古屋純一教授

演題は、

「難症例時代に求められる総義歯の印象と咬合」 

会場は、帯広市民文化ホール会議室にて。

 

総義歯のセミナーに参加するのは、

かなり久しぶりであったが、

出席して良かった。

講師の、補綴・高齢者歯科・摂食嚥下の専門家として

「チーム医療で、食べるための口腔機能管理として、

義歯に対応する機会が増えている」

の文言には、多職種連携の中での

現場の実情そのものだと共感する。

少々驚いたのは、教授自らも在宅の現場に

足を運んで臨床にあたっていることか。

 

義歯を必要としながら、

持ってなくソフト食を召し上がっている方、

奥歯で咀嚼できる環境になく、

食事に長時間要する方などは、

日常茶飯事に遭遇する。

また、以前よりも歯を保存する方向になって、

それは大事なことなのだが、

ぎりぎりまで保存し、

動揺や咬合痛や脱落による誤嚥の心配で

抜歯した後の顎堤(歯を支えていた顎骨)は、

骨吸収の果てに骨量が減少し、

義歯を作る際に難症例になるケースも多くなった。

 

そこでどう対応していくか?

という事が今回のセミナーでのテーマ。

原理とルールに基づいた対応は、

よく理解できたので、

早速臨床のアイテムとして実践してみたい。

歯科医師、歯科技工士対象のセミナーであったが、

歯科医師4名は、少なすぎやしないか?

とは、思ったけど。

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |
スポンサーサイト
| - | 23:59 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://masuchi-dc.jugem.jp/trackback/2423
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

ホームページはこちら

ますち歯科診療室バナー

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH