「和み時間・・・」

 

和み時間・・・

いつも和んでいる感はあるが。

 

昨夜は、少し年下ではあるが、

昔からの付き合いのある友人との

異業種和みの夜を。

彼は物事に配慮ができ、

有言実行の人で、

共感できる間柄である。

近況から馬鹿話など、会議(と呼んでいる)は

滞りなく進んだ…

 

 

院 長

 

| 院長室 | 23:59 |
「帯広会打ち合わせ会・・・」

 

診療後、十勝歯科医師会館へ移動。

十勝歯科医師連盟の会合後、

歯科医師会帯広会のN幹事と

来週の福祉行政との協議会内での

スライドプレゼンの打ち合わせ会を行う。

懇親会内での余興的プレゼンだが、

行政参加者に対しての

しっかりとした戦略を持って臨む。

 

テーマは、小児期の口腔機能の発達不全

高齢期の口腔機能低下で、

私は前者を前段として行い、

後者をN幹事が担当。

だんだんとN幹事のやる気を感じ、

私も相応の姿勢で臨みたい!

 

結構いい懇親会になりそう・・・

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |
「圏域ケア会議・・・」

 

帯広市には4つの圏域に分けて

それぞれ地域包括支援センターが設置されているが、

当診療室が位置する圏域の圏域ケア会議に参加した。

 

主催は、その圏域を担当する

地域包括支援センター愛仁園」

会場は、森の里コミュニティセンター体育館にて。

今回の会議では、地域の医療介護福祉に

携わる専門職が多数参加し、

6人ほどのグループとして着席し、

課題に対しての意見を自由に

出し合う活気のある会議となる。

 

会議の内容は、帯広市に上げられ

施策として反映される可能性もあるとのことだが、

仕組みや枠組みを作るのは行政だが、

そこに存在する一人一人の人達の「想い」「やる気」が、

地域の原動力になる事は間違いない。

この活気が、それを体現していると深く感じた。

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |
「フレディ・マーキュリー・・・」

 

先週末の土曜夜に家内と映画

「ボヘミアン・ラプソディ」を観に行く。

50歳以上の夫婦割を初めて使い、

かなりお安く。

 

映画は、クイーンのボーカルである

フレディ・マーキュリーに焦点が当てられ

取り巻くバンドメンバーの家族としての絆も

よく描かれていた。

 

物語は、ブライアン・メイとロジャー・テイラーで

組まれていたバンドからボーカルが脱退したところで

フレディとの出会いから始まり

そこにジョン・ディーコンが加わり

「クイーン」が誕生する。

クイーンの音楽性は、唯一無比だ。

クイーンの美学は、感性豊かに

そして作品に対して妥協を許さない

プロの仕事であった。

劇中では、オペラの要素を取り入れた

6分にわたる大曲「ボヘミアンラプソディ」

発表に対してのレコード会社との衝突。

その後のバンド内での不協和音と

フレディ自身の内面的な問題など実話に基づく内容で

その後1985年のライブエイドで、バンドは再結集をして

伝説のパフォーマンスを披露する事になる。

残された時間が限られている事を悟る

フレディを包み込むバンドの絆のもと。

 

バスの中で緊張の面持ちで出番を待ち、

そのドアへのノックの合図で

大観衆の待つウエンブリ―アリーナのステージに

歩いて行くフレディとメンバーの後ろ姿は

あたかも自分も一緒にいるような錯覚を覚えた。

 

1985年に札幌の予備校寮生で

寮の食堂のテレビに群がっていた他の寮生を横目に

別用で友達と外出していたのが、

悔やまれてならないが、

その気持ちを一緒にウエンブリーに

連れて行ってくれたような…

 

映画のエンドロールで流れた曲は、

「ショー・マスト・ゴー・オン」

 

この曲にかけるフレディの魂は

輝きを放つ。

彼の想いを渾身に込めたこの曲を耳にして

私は、感涙せずには居られなかった。

隣の家内は、私の涙を知っていただろうが。

 

よりよく生きていく、という事は、

ショー・マスト・ゴー・オンなのである。

心を燃やしショーは、

続けなければならないのだ。

 

フレディは、ファンの心に生き続けている・・・

どうもありがとうございました!

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |
「ケアカフェとかちへ・・・」

 

昨夜は診療後に多職種有志よりなる

「十勝連携の会」主催

「第24回ケアカフェとかち」に参加した。

会場は、市内のグリーンプラザ会議室にて。

 

今回は、十勝歯科医師会に設置されている

十勝圏域在宅歯科医療連携室の渡辺歯科衛生士

によるテーマ「ある食べられない方の支援を通じて」

と題して事例供覧をした後、

グループワークにて意見交換を行った。 

ざっくばらんに多職種間での話し合いも、

コーヒーを啜りながらリラックスした環境で

とても良い感じ。

一昨年まで歯科医師会での在宅事業に

かかわったものとしては、一会員としても

尚事業の地域での進展を願うばかりである。

衛生士さんたちには

いつもお世話になっています!

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

ホームページはこちら

ますち歯科診療室バナー

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH