「 医療法人博愛会合同忘年会に参加  」

 

開西病院を基幹として医療介護を展開する

医療保人「博愛会」の合同忘年会に出席。

今年も1年間、入院患者さんや施設利用者さんの

「美味しく食べる」のサポートをさせて頂いたが、

感謝の気持ちで参加。

 

法人グループの職員総数は約800人と聞き、

各部署スタッフの方の余興などにぎやかに進行。

若いスタッフも多く、元気な力が地域を

支えていることを改めて実感した。

 

当診療室も微力ながら、

今後もお手伝いできればと考えます。

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |
「 男のクリスマス と?  」

 

男のクリスマス?

訳わからんが…

 

月末にこの地にやって来る「アースシェイカー」

演奏曲をリサーチしたりして

おっちゃん、結構わくわくしてたり!

師走、忘年会どころじゃないな…

 

すると、その頃帰省する学生息子が

「俺も行きたいな!」 と。

 

ま、お前も音楽少々かじってるなら

勉強になるか。

あたかも、男たちの

 

奇跡は起きないが…

キャロルでなく、

アースシェイカーですので。
院 長
| 院長室 | 23:59 |
「 TDPC忘年会  。。。」

 

所属のTDPC(十勝デンタルフォトクラブ

通称十勝歯科医師会写真部の忘年会に出席。 

会場は、市内タイ・中華料理の「潮華」にて。

 

いつもながら気心の知れた宴会で、

非常に良い雰囲気の中、スライド投影にて、

写真作品から、臨床症例、保険診療知識の確認など

酒の肴は学術的に多岐にわたった。

 

「ただ呑む!」みたいな単純作業は馴染まず

現場のプロの集りとしては、

その酒の肴を通して意見を言ったり、

耳を傾けたり、わいわいとすることこそが、

実地の勉強となるのである。

(かなり、酔ってるけど…)

 

今回、私もパワポにネタをしたためて、余興?

(あ、やっぱり余興なんだ!)のお手伝いに従事。 

いい仕事、出来たか?

 

いずれにしても、今年もどうもお世話になりました。

また、来年もよろしくお願い致します。

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |
「落語に魅了・・・」

 

帯広市出身の落語家 桂 三段さんの

落語を聴く機会があった。

三段さんは上方落語 桂文枝師匠門下で

何と歯科技工士を経ての落語家転身だそう。

 

噺は、とっても良いグルーブ感!で

魅了されました。

贅沢な空間だあ。

 

三段さんの今後のますますのご活躍を

ぜひ期待したい〜!

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |
「 見える事例検討会  ・・・」

 

今年最後の「見える事例検討会」に参加。

会場は、市内のグリーンプラザ会議室にて。

現場のケアマネージャーから提出された

実際の事例の検討で、

参加の多職種が自由に意見を述べ、

課題の抽出と、対応を検討する会。

 

その人の医療介護的側面のみならず、

日常生活の状況から、周囲の家族や、

携わる職種との関係、そしてその人の想いや、

自身の最期までの人生をどう送りたいかなど、

多面的に掘り下げ理解、共感していく。

そんな視点があったのか?

と気づかされることもしばしばあり、勉強になる場に。

 

今回の事例を通して、

今後、誰もが老いの中で認知機能低下が、

珍しくない地域社会となって行くのだが、

その対応、見守りには地域の理解と協力が欠かせない

共生社会の実現が必至という事を理解した。

 

正直なところ、私たち歯科医療者の中でよく出る、

「地域包括ケアシステムの中で歯科医療が

どう他の職種と連携していくのか」

という内向きの話の次元とは切り口が異なる

地域づくり、街づくりの話である。

内向きの話も必要だが、俯瞰で考える思考も、

私達には必要である。

 

その後、近くの居酒屋「いろはにほへと」

場所を移して忘年会へ。

気心が知れてきて、なかなかの宴会に。

(なかなかの宴会とは?)

 

初めての人もいたので各自己紹介の場面では、

オーラルフレイルの予防と対応が

私たちの責務と位置付けているが、

誰しも加齢での機能低下は起こるもの。

視点を変えると、これからの未来を背負う子供たちの

口腔環境、機能の状況が、今の高齢者の方々のこども時代より

格段に低下しており、大きな問題ととらえている。

先を見据えたその対応にも大きな責務があると

考えている事をお話しした。

やっぱり長かったか?

 

様々な事例に対して、そんな明快な解決策が出て

実行できるものばかりではない。

そこにはその人の「想い」に共感し、

ちょっとずつ試してみるという事も少なくないようだ。

 

みんなで悩み、考えて、やってみて、積み重ねる、

現実とは、そんな話なのかもしれない。

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

ホームページはこちら

ますち歯科診療室バナー

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH