「物事は、心で考える・・・」

 

昨夜NHK100分で名著で

「星の王子さま」を取り上げていて

おじさん、魅入って。

 

サンデクジュペリのこの作品の余韻感は、

読者への、その先の思考を託す

絶妙な作品である。

 

「心で見なくちゃ、

物事は良く見えないってことさ。」

王子さまは、言う。

 

王子さま、正論!

上辺では物事の本質は、現れないことが多い。

それを読み解く能力は大切だ。

本音と建て前という事もあるが、

その次元を超えて、

人のきれいな口ぶりと本心のかい離が

闇を感じる事さえある。

 

しかし、世の中多過ぎやしないかい?

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |
「ルート66・・・」

 

ルート66

シカゴからLAまでの

アメリカを東西に横断するルート66での

道中を唄った楽曲。

今度のライブでの最終曲が

この「ルート66となる。

 

ジャズでは定番と聞くが、

R&Bやカントリーでも

歌い継がれている名曲である。

果して私は、ハイウエイを疾走できるか?

 

出勤前、車に乗りこむ時ふと下を見た。

葉っぱの上に水滴。

めるふぇん!

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |
「同窓会誌、来たる・・・」

 

先日、高校の同窓会誌「日吉の丘」が届いた。

と言うか、これ初めて見るかも。

なんせ、「日吉の丘」という題名も、

おそらく初めて知ったし。

 

高校同窓会は、函館を本部として

道内外にいくつか支部を持つ。

(というのは知っている)

そして私は、十勝支部に入会しており

家内が、かなり呆れるほど

定例イベントには、できる限り顔を出している。

しかし十勝支部は、

なぜだか同窓会傘下には

入っておらず、独自で30年近く

運営されてきているそうだ。

(いきさつは、知らない)

おおもとの同窓会とは、友好関係は保つが

こちらは、独立採算方式?

(十勝らしいと言えばそうだ)

よって本家の同窓会誌が

私らに届くことはなかったのだが…

 

で、パラパラと目を通していると

高2から卒業までの寮のルームメイトが

寄稿しているではないかい!

中身は、校風の「ファミリースピリット」

を語っておるではないかい!

 

「読んだよ!」

とメールを早速。

その後今年も、同業同窓数人で、

今月札幌での学会を口実に

いつもの焼き鳥屋さんに集合の算段に。

 

しかし、なぜ来た同窓会誌

入会勧誘か(今更おじさんに、ある?)、

か、やっぱり寄付?・・・

夏の珍事、怪しい・・・

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |
「何気ない事・・・」

 

診療後に、自転車で走ってみる。

「風」にはなって無し。

 

このおじさん、夏だしと、

Tシャツ短パンで行き始めたが、

そんなに暑くない事をすぐ悟り

再び家に戻って長袖を。

「風」にならず、「風邪」になるって?

酷暑の本州では考えられない

北国の夏のそっけなさ。

先週33℃は、どこ行った?

 

初めて通る住宅街の小路に

少々わくわく感があったりして。

人生のホッとする楽しみって

何気ない事の中にあるものかもしれない。

今更ながら…

 

遠くに、夕暮れごしの日高山脈が・・・

(最後、詩人で収めた?)

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |
「力の入れどころ、そっち?・・・」

 

今週末、Y内科クリニック納涼会でのライブが。

その中で、ベースを弾いての

1曲余興的?ボーカルをとるのだが

その出だしイントロ16小節に、

気の利いた(おかしな?)

MCを入れる重要な指令を受けちゃって。

 

ベース練習よりも、気持はそっちへ・・・

期待にこたえるべく!

(って、誰の期待?)

 

 

院 長

| 院長室 | 23:59 |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

ホームページはこちら

ますち歯科診療室バナー

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH